スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

プロフィットを出すFX

それはさておき FX の情報商材は多く出回っていますが、評判で好評なものは買ってみると儲けるきっかけになるわけです。利益を倍増していくのに重要なことですが、一度決めた投資スパンは変更しないくらいの奮闘がなければいけませんね。


自分の原則を破るということは、変動する相場に負けてしまうことを意味しますので、状態を見ながら入念にやりましょう。相当大事なことは、自分にあった適切な取り決めを見つけ出すことです。


利益確定や損失確定はすぐにした方が、言い換えれば、確実にプロフィットが上がりやすいというのは一般的だといえます。2通貨を比較する場合、相対的なニーズを探求するのが大事ですから、ファンダメンタル分析が効果的なのです。


大きな取引ばかりを行うのはリスクが大きいですから、わりと小さい金額で自分の型を確認しながら取り引きを行うのもいいと思います。取引きツールの使用のシンプルさや、サーバーの注文処理能力はFX会社ごとに特異性がありますし、取引き環境は重要になります。


-今日のFX用語-

「窓」とは、為替レートのローソク足チャート上で、両となりのローソク足の間にある空間のことをいいます。





スポンサーサイト

2012/09/30 08:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

リスクを抑える約束事とは

どんな通貨で取引するにも、ドルの動向は絶大の影響を与えますから、アメリカの金融政策に関しては常に新しい情報を入手してください。たいていの場合ビギナーはトレードに慣れるまでは、売りから入るのでなく、買い注文から取り引きするのがおすすめなのです。


それから、重要ですから覚えておいて欲しいのですが、金利が上がれば通貨も上がるという特性を持っています。売買通貨を選択するときには、情報収集が大変なことにならないので、自分の好きな国の通貨を選ぶのもいいはずです。自分の取り決めを破るということは、劇変する相場に負けてしまうことを意味しますので、様子を見ながら慎重にやりましょう。


-今日のFX用語-
利食い
「利食い」とは、保有しているポジションを反対売買をして決済させ、利益を確定することをいいます。








2012/09/29 08:35 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

取り引き規則の研究

ところで、業者選定の確認ポイントは、スプレッドの費用が最小ということです。できるだけ FX 業者のデモトレードでさまざまな通貨で利益を出せるようになってから、本トレードを開始するのが通例です。


外為証拠金取引で稼ぐためには、いろいろな手口や着想を調べたりまねしたりすることが賢明な手段です。株式投資と対照すると通貨のトレードの場合は銘柄が少ないので、基本的にどのカレンシーで取り引きしてもちょっとは流通性があるものですね。


基本的に、買うべきときに通貨を買って、売るべきときに通貨を売るという、きっかけを逃さない基本を重要視することです。それはそうと外国為替保証金取引業者が倒産しても元手が戻ってくる(信託保全)業者を選択することは最近では重要ですね。


負けるトレーダーの特異性は、小さなマイナスが心配で損切りを渋ることですね。


-今日のFX用語-
有事のドル買い
「有事のドル買い」とは、戦争などの有事のときに、比較的安全な基軸通貨であるドルを買う動きのことをいいます。





2012/09/28 08:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FXで投資家になろう

FXは勝ち続けることは不可能ですが、技術練磨に努力をあてることで結果としてプロフィットがアップし儲けることは可能です。いささかのロスも我慢できないという方は、変動を完全には推定できないFX取引には向いていないと言えるでしょう。


FX ではレートは常に変動しますから、チャンスを逃してもまた別のきっかけがやってきます。なので、どんなときもレートのトレンドに注目していてください。過去のチャートを確認し、特定のカレンシーが影響を受けやすい材料の特色をちょっと認識できるようにしておくことはオススメです。


-今日のFX用語-
マイン
「マイン」とは、インターバンクの外国為替市場で、買ったことをいいます。テイクン(taken)ともいいます。





2012/09/27 08:30 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

実際にFX はどうなのか

運用成果が大して前進しない投資家の人は、一度自分の取引き方法の問題点を解決してはどうでしょうか。プロフィット、ロスを出したらその理由を明確にし、次回の取り引きから活かしていきたいですね。


FXは運用の仕方によっては、ある程度リスクとマイナスを抑えながら儲けを得る見込みも大きいと思います。トレード通貨を選定するときには、情報収集が大変なことにならないので、自分の好きな国のカレンシーを選ぶのもいいと思います。外為証拠金取引は運用の仕方によっては、ある程度危険とロスを抑えながら利益を得る見込みも大きいでしょう。


-今日のFX用語-
レンジ相場
「レンジ相場」とは、為替レートが、ある一定の高値と安値の幅で繰り返し上下動している相場のことをいいます。ボックス相場ともいいます。





2012/09/26 07:58 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

トレード費用を確認しよう

カレンシーの実際のニーズに関係なく、センチメンタルでもレートは変動することがありますから、チャンスを見つけてください。ただ FX の世界でも色々な要素があって、決して安全圏というものはないですね。


いずれにしても、休みも相場と言って、相場の推定ができそうにない時は、無理にトレードしないのもテクニックです。それはさておき、会社吟味の確認ポイントは、スプレッドのコストが最低限ということでしょう。


-今日のFX用語-
TTM
「TTM」とは、銀行が対顧客に適用する為替の基準レートのことをいいます。仲値ともいいます。





2012/09/25 15:35 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

マイナスを抑える取り決めとは

ロスがではじめると約束事を無視して感情的になり情勢を読めなくなります。これがFX で儲けるコツなのです。ドルコスト平均法は、相場のもみ合い状態では有益なトレードのやり方ですが、下降トレンドではナンピン買いと同じですので留意が必要です。


ポンド円やニュージーランドドル円は変動が荒いのが一般的ですので、レバレッジは2倍程度が英断でしょう。時には欲が出て損切りを入れなかったり相場が回復するのを期待してポジションを持ち続けたりするのはそもそもリスクが高いですからやめましょう。


それはさておき現在トレンドのシステムトレードは、投資家の感情を排して自動取引できる点が長所です。回復するかもしれないとまだまだ期待してポジションを保持しているとしんどいことになるので、駆け出しの方は損切りのタイミングは早めに設定すべきです。


-今日のFX用語-
LIBOR
「LIBOR」とは、ロンドン市場での銀行間の取引レートをもとに公表される為替レートのことをいいます。London Inter-Bank Offered Rateの略です。





2012/09/24 09:26 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

マイナスを抑えるパターンとは

負ける投資家の特有性は、小さな損失が心配で損切りを渋ることでしょう。ドル円はほとんどの場合比較的ボラティリティが緩やかだから、レバレッジは3倍から4倍程度でいいでしょう。


為替の激変の不安なしに可能なら安定して増やしたいというひともいますね。それならば、スワップ金利で稼ぐのもFXの使用法でもあるわけです。どっちにしろ成果はどうあれ、戦略にのっとってガンバリを示すのが通常です。やはりある程度まとまった資金が必要な点はFXデイトレの難点でもあり、資金が少ない人には向かないわけです。


-今日のFX用語-
ファンドマネージャー
「ファンドマネージャー」とは、投資家から集めた資金を運用することを仕事とする人たちのことをいいます。





2012/09/23 07:06 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

外為証拠金取引と元本

取引きには順張りと逆張りがありますが、徐々に小さな収益を積み重ねていくスタイルが目標なら、順張りがおすすめです。因みに、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスのレベルも切り上げていけば、万一のリスクに対しても安堵できるのではないでしょうか。


FX で長期的にしっかり勝つためのツボは、損切り(ロスカット)と利食い(リミット)の水準を前から決めておくことでしょう。MACD(マックディー)という指標は、市場の傾向を観測するのに実用的だから、可能なら使用したいところです。


クロス円での対策は、2カ国間の状況だけでなく、ドルの値動きも因子として認識しておくほうが十分いいわけです。わりに少ない元本で大きなお金を動かせるのがFX の魅力ですが、考え方を間違えるとリスクが大きいのが一般的です。


市場の急変の脅威なしにできれば安定して増やしたいという方もいますね。そういうときには、スワップ金利で稼ぐのもFXの用法でもあるわけです。ロスがではじめるとルールを無視して感情的になり情勢を読めなくなります。これがFXで儲ける手口なのです。


-今日のFX用語-
ユーロ
「ユーロ」とは、EU(欧州連合)の単一通貨のことをいいます。主要通貨となっています。





2012/09/22 08:20 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

外国為替証拠金取引は有利

FXでは、勝ちの回数は重要ではありません。いかに稼ぐかということ、つまりリターンの額が大切になってきます。MACD(マックディー)という指標は、市場のトレンドを測定するのに効果的ですから、是非利用したいところです。


負ける投資家の特異性は、小さなロスが心配で損切りを渋ることですね。FXは運用の手段によっては、ある程度危険と損失を抑えながらリターンを得る見込みも大きいはずです。


テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にチャレンジして市場の流れを総合的に多種多様な視点から観測するようにするのを目標としてください。ファンダメンダルズは基本的にその国のこれからの経済力を予測し、通貨の価値を見込むものなので、貿易収支や経常収支などの経済指標をチェックしましょう。


あとこれは人間心理の短所ですが、利益は早く確定し損失はなかなか確定できないのが通例なのでしょう。


-今日のFX用語-
外国為替及び外国貿易法(外為法)
「外国為替及び外国貿易法(外為法)」とは、対外取引や外貨建取引に適用される基本法です。1949年に施行されました。数度の改正後、外為業務に関する規制が全廃され、FXが普及するきっかけとなりました。





2012/09/21 09:19 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

利益をキープするには

自分の得意な市場のトレンドやボラティリティ幅を探求し、スタイルを作ってしまいましょう。配慮すべきことは、次第に稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った作戦です。これは怖いです。


それはさておきこの頃ポピュラーのシステムトレードは、投資家の感情を排して自動取引きできる点が長所です。是非、FX を始める前にはきちんと勉強とデモトレードによる練習をして無意味な悶着は避けましょう。


たいていの場合、ポンド/円や、ポンド/ドルは変動が比較的激しいため、デイトレード向きの通貨といえるでしょう。最も取引量が多いニューヨーク市場がオープンする時間帯には相場のボラティリティーが激しいので、この好機をうまくつかむと儲けをあげやすいです。


市場の傾向を分析するためにトレンドラインを自分でチャート上に引く方法は、たまに大変な作業ですが、可能ならやってみてください。外国為替保証金取引トレードでプロフィットが出た場合には雑所得として確定申告が必要なことがありますから、留意しておいたほうがよいでしょう。


-今日のFX用語-
口先介入
「口先介入」とは、市場介入することなく、政府・財務の要人が発言することによって意図的に為替相場を動かそうとする行為です。





2012/09/20 07:37 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

リターンを出す外国為替証拠金取引

外国為替証拠金取引取引で利益が出た場合には雑所得として確定申告が必要なことがありますから、確認しておいたほうがよいと思います。着実に言えることは、今からの市場の展開を予測し、冷静さをキープしながら淡々とトレードを繰り返せるひとが一番有利だということです。


根本的に、結果として元本がアップしていなければ勝率がどんなに高くても、その取引方法は意味がありません。根本的に、為替レートが上昇するファクターは、ほとんどの場合景気が良く金利が上がることが訳となります。


オシレーター系のスローストキャスティクスは傾向を読むにはデメリットですが、もちあい場面でのサインは重視してくださいね。ポジションキープが一日以内のデイトレードは、このごろは人気ですね。いかに儲けを重ねていくかがかなめとなります。


-今日のFX用語-
5・10日要因
「5・10日要因」とは、5・10日の区切りがつく日にドル/円相場が上昇しやすいことを表わす言葉です。輸入企業の決済用のドル買い需要が多くなるからです。





2012/09/19 09:06 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FXのかなめとは・・・

いずれにせよ、とばくをせず傾向に乗って、買い時、売り時のチャンスをとらえれば、リターンは付いてくるものです。 FX では税金対策も一考しましょう。公設市場の取引所で行われる「くりっく365」なら、税率は一律20%なので有益ですね。


リスク要素の管理をそんなにしないでポジションを持ってしまうと、市場のボラティリティーに振り回されてマイナスを拡大させてしまいますので、配慮ですね。それと、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスのラインも切り上げていけば、万一のリスクに対しても安心できるのではないでしょうか。


ドル円はたいていの場合わりとボラティリティーが緩やかなので、レバレッジは3倍から4倍程度でいいでしょう。まずは、投資を行うスパンがどれくらいかを入念に吟味し、自分にあった売買方法を見つけるのです。


-今日のFX用語-
S&P500
「S&P500」とは、米スタンダード・アンド・プアーズ社が、各証券取引所に上場している代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数のことをいいます。





2012/09/18 10:13 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FXで間違いなく儲ける!

市場を動かす確率のあるニュースなどをいつもチェックしておくことにはメリットがあります。外国為替保証金取引の会社といってもさまざまな会社がありますので、初級者にはどれがいいのか迷いますけどね。


24時間取引き可能だからこそ、最も利益をあげやすいオポチュニティを待って稼ぐようにしたいものです。閑散期には取り引き量がすごく減少して相場のボラティリティが急に起こるため、駆け出しの方は手を出さないのが賢明です。


ところが、ロスを出すことを不安に思いすぎ、為替トレンドに乗るタイミングを逃すことのないようにしましょう。要はテクニカルトレーダーはファンダメンタルに考え方を置きませんから、自分の原則に基づいてオーダーしていくだけだから比較的安心です。


いずれにしても、とばくをせずトレンドに乗って、買い時、売り時のチャンスをとらえれば、儲けは付いてくるものです。ドル円(USD/JPY)は日本では最も売買されている典型的なカレンシーペアですので、FXのビギナーでも比較的傾向を読みやすいです。


-今日のFX用語-
協調介入
「協調介入」とは、各国の中央銀行が行き過ぎた外国為替相場に共同で介入することをいいます。




2012/09/17 09:32 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

取引コストを点検しよう

それはそうと最近話題のシステムトレードは、トレーダーの感情を排して自動トレードできる点が長所です。ちょっとしたロスも我慢できないというかたは、推移を完全には憶測できないFXトレードには向いていないと言えるでしょう。


たいていは駆け出しの方は取引きに慣れるまでは、売りから入るのでなく、買い注文から取引するのがお勧めでしょう。やはりある程度まとまった元本が必要な点はFX デイトレのデメリットでもあり、資金が少ない人には向かないでしょう。


-今日のFX用語-
レベル
「レベル」とは、外国為替相場で参考として提示されている売値・買値のレートのことをいいます。気配値ともいいます。




2012/09/16 08:01 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

きっちり儲けるには

ベストな資産構成を持続し失敗の動機を解決することで腕前を上達させることができます。儲けを倍増していくのに大事なことですが、一度決めた投資期間は変更しないくらいの精進がなければいけませんね。


ドル円(USD/JPY)は日本では一番取引されている代表的な通貨ペアですので、外為証拠金取引の初級者でも比較的傾向を読みやすいです。たいていは、FX の取り引きではマイナスが出たときに冷静さをきっちりキープすることはかなり大事なのです。


安心したいのであれば、自分が許容できる範囲の損失の基準は前もって取り決めておきましょう。それはそうと FX 業者が倒産しても元金が戻ってくる(信託保全)業者を厳選することはちかごろでは大切ですね。


ポジションを持っているとある程度心配と思う人には、超短期で取引きをするスキャルピングもお薦めです。


-今日のFX用語-
逆ざや
「逆ざや」とは、価格の変動で、保有しているポジションで損失が発生している状態のことをいいます。





2012/09/15 07:57 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

投資配分と元手

中長期的な流れさえ計測することができれば、ファンダメンタルズ分析に挑戦するのは英断といえます。取り引きカレンシーを選択するときには、情報収集が面倒なことにならないので、自分の好きな国のカレンシーを選ぶのもいいと思います。


ドル円はほとんどの場合わりと値動きが緩やかだから、レバレッジは3倍から4倍程度でいいはずです。なによりFXは自動トレードがかなり充実してますので、有効的に活用すれば時間効率がすごく改善されます。


ポジションキープが一日以内のデイトレードは、現在は人気ですね。いかに利益を重ねていくかが肝要な点となります。投資の取引は言い換えれば心理戦です。いかに冷静さや意欲を継続できるかがホントに大事なのです。


-今日のFX用語-
スポット
「スポット」とは、現時点の価格で外国為替の直物取引をすることをいいます。





2012/09/14 08:20 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

危険のコントロール

MACD(マックディー)という指標は、レートの傾向を計測するのに有益なので、是非利用したいところです。中期投資の要は、細かいボラティリティにとらわれずに、ある程度の期間は余裕をもって状態を見守るくらいの気持ちが儲けるコツです。


ポジションを持っているとある程度大変と思う人には、超短期でトレードをするスキャルピングもおすすめです。どんな通貨でトレードするにも、ドルの動向は最も大きい影響を与えますから、アメリカの金融政策に関してはどんなときも流行の情報を入手してください。


極力 FX 業者のデモトレードでさまざまなカレンシーで利益を出せるようになってから、本トレードを開始するのが一般的です。この頃は堅調な経済と豊富な資源という視点から、カナダドル(CAD)も好評となっていますから、配慮したいところです。


理想としては、トレードするカレンシーのクセのようなものもしっかり点検する必要があります。なにより外国為替保証金取引は自動取り引きがすごく充実してますので、有効的に利用すれば時間効率が凄く改善されます。


-今日のFX用語-
双子の赤字
「双子の赤字」とは、アメリカの財政収支赤字と貿易収支赤字の、2つの赤字のことをいいます。





2012/09/13 06:56 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

儲けを出す外為証拠金取引

スワップポイントを狙う取り引きでも、どんなときも相場を観測する作業量を惜しまないでください。利食いや損切りの好機は変動しやすいものです。今は堅調な経済と豊富な資源という価値観から、カナダドル(CAD)も話題となっていますから、配慮したいところです。


負ける投資家の特色は、小さなマイナスが心配で損切りを渋ることですね。 FX の売買に限ったことではありませんが、運任せでは投資ではリターンを持続することはできませんから、テクニックは身につけてください。


マージンコールやロスカットルールは辛いですが、トレーダーの元金がゼロになるのを回避する仕組みと考えれば問題ないです。しかし、カレンシーの流動性が低めだと為替レートがほんとうに乱高下しやすいものですから、そのポイントは確認しましょう。


ポジションを数日間キープするスイングトレードでは、より大きなプロフィットを狙えるポテンシャルもありますからお勧めです。


-今日のFX用語-
アイザーウェイ
「アイザーウェイ」とは、買値(ビッド:bid)と売値(オファー:offer)が同じレートになることです。売値と買値の差がないので、スプレッドのない状態になります。






2012/09/12 09:19 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

取引ルールの検証

何といっても、どんな取引きスタイルでもプロフィットさえ出れば、投資家にとってはベストな投資スタイルなのです。ただFXの世界でも色々な要因があって、決して安全圏というものはないですね。


もし暴落してロスになったら、ポジションはすぐ損切りを行うのがいいわけです。戻すかもしれないという変な楽観視は暴落時には持たないように。FXの業者といっても色々な業者がありますので、入門者にはどれがいいのか迷いますけどね。


FXは一見、売買としては困難なと思えそうですが、そういうときには思い切ってチャレンジする勇気も必須ですね。為替の傾向を分析するためにトレンドラインを自分でチャート上に引く手段は、時々難儀な作業ですが、可能ならやってみてください。


スワップポイントを狙う売買でも、いつでもレートを観測する手間を惜しまないでください。利食いや損切りの好機は変動しやすいものです。基本的に、トレードは入門者でも上級者でも、順張りの損小利大がFX の基本ですね。


-今日のFX用語-
フェイバー
「フェイバー」とは、ポジションを市場レートで評価した場合に評価益が出ている状態です。逆に損失が出ている場合は、アゲインスト(Against)といいます。





2012/09/11 12:37 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FXとカレンシー

リターンがプラス転換してすぐに決済すると儲けるには程遠いですから、収益が最大のときまで待ってより多額の利益を得るべきですね。スワップ金利で儲けるのなら、わりと経済が安定した高金利カレンシーであるNZドルや豪ドルを買うのがよいわけです。


株式投資と比較すると通貨の取引きの場合は銘柄が少ないので、基本的にどのカレンシーでトレードしてもそこそこは流通性があるものですね。市場の状況に左右されにくい資産構成を活用した安心できるトレードをしたいものです。クロス円での対策は、2カ国間の様子だけでなく、ドルのボラティリティーも要因として意識しておくほうが結構いいはずです。


-今日のFX用語-
ECB
「ECB」とは、欧州中央銀行のことで、欧州の金融政策を担う中央銀行のことをいいます。European Central Bankの略です。





2012/09/10 11:31 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

トレードパターンの研究

ところで FX 会社が倒産しても元金が戻ってくる(信託保全)業者を吟味することはこのごろでは大事ですね。中長期的なトレンドさえ計測することができれば、ファンダメンタルズ分析にチャレンジするのは英断といえます。


運用成果が大してアップしないトレーダーのかたは、一度自分の取引方法の問題点を解明してはどうでしょうか。利益、損失を出したらその理由を明確にし、次回の取引きから活かしていきたいですね。


なるべくFX会社のデモトレードでいろいろな通貨で儲けを出せるようになってから、本トレードを開始するのが通常です。いつも、ロスをミニマムに抑えることを一番確実にやってください。


ドル円(USD/JPY)は日本では一番トレードされている代表的な通貨ペアですので、FX の駆け出しの方でも比較的流れを読みやすいです。どっちにしても効果はどうあれ、戦術にのっとって踏ん張りを示すのが通例です。


-今日のFX用語-
クロス取引
「クロス取引」とは、米ドルを含まない通貨ペアの為替取引のことをいいます。





2012/09/09 08:16 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FXにアタック!

かなめは、損きりラインをいったん決めたら動かさないのが英断です。ロスを最低限に抑えるノウハウですね。2通貨を比べる場合、相対的な需要を探求するのが肝心ですから、ファンダメンタル分析が実用的なのです。


可能なら、FX を始める前にはしっかり勉強とデモトレードによる練習をして無駄なもめごとは避けましょう。早めの損切りもそもそも重要ですが、レート激変のリスクヘッジには、両建ては有益な手段なのでしょう。


一度オーダーが確定してしまったら停止できませんから、市場の現状とポテンシャルを把握して入念に戦法を立てたいものですね。経済指標が市場予測に比べて想定外だった場合は市場の動きの予測は難しいということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで確実に当てることは困難なということなのです。


留意すべきことは、順次稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った作戦です。これは心配です。


-今日のFX用語-
アセットアプローチ
「アセットアプローチ」とは、ある時点の人々の金融資産の外貨建て比率や保有高が通貨の需給関係に影響し、外国為替相場の決定要因になるというものです。





2012/09/07 22:20 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

傾向と為替のライン

プロフィットがプラス転換してすぐに決済すると稼ぐには程遠いですから、リターンが大きなときまで待ってより巨額の利益を得るべきですね。因みに、会社吟味の点検ポイントは、スプレッドの費用が最小ということですね。


スキャルピングは常に売買画面に張り付くのが苦痛でない特性を持っているかたでないと一番難しいといえる取引きでしょう。為替の変動の脅威なしにできるだけ安定して増やしたいというかたもいますね。そしたら、スワップ金利で稼ぐのもFXの使用方法でもあるわけです。


閑散期には取り引き量がかなり減少して相場の推移が急に起こるため、初心者は手を出さないのが英断です。 FX 売買でプロフィットをあげるには、傾向を見極めることなのでしょう。それには、移動平均線を活用するのが最適でしょう。


そもそも、買うべきときにカレンシーを買って、売るべきときに通貨を売るという、タイミングを逃さない基本を尊重することです。


-今日のFX用語-
世界銀行
「世界銀行」とは、発展途上国を援助する役割をもつ、国連の国際金融機関のことです。各国の中央銀行に融資を行ないます。





2012/09/06 06:33 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

レートの流れ

損失の回数が少ないとほんとうに心理的には楽になりますが、重要なのは回数ではなくてロスの額だと思います。大きなトレードばかりを行うのはリスクが大きいですから、比較的小さい金額で自分の取り決めを意識しながらトレードを行うのもいいわけです。


自分の投資するカレンシーの特色をしっかり確認して自分に合った策略を探すとよいですね。とても大切なことは、自分にあったピッタリなルールを見つけ出すことなのでしょう。


FXの場合、売値と買値の差であるスプレッドは支出と考えてベストな取引業者を選びたいですね。リターンが出始めたら、希望のところまで利益を伸ばすことを意識してモチベーションを持続して売買を続けましょう。


-今日のFX用語-
資本収支
「資本収支」とは、海外との間の直接投資や証券投資の収支差のことをいいます。国際収支を構成する項目でもあります。





2012/09/05 10:40 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

代表的なリスクと資産構成

なるべくFX業者のデモトレードでさまざまな通貨でリターンを出せるようになってから、本トレードを開始するのが一般的です。経済指標が市場予測に比べて想定外だった場合は相場の動きの予測は難しいということになるので、ファンダメンタルズ分析だけできっちり当てることは困難なということなのです。


リターン、損失を出したらその理由を明確にし、次回のトレードから活かしていきたいですね。常に、損失を最小に抑えることを最も確実にやってください。


ところで FX の情報商材は多数出回っていますが、クチコミではやりなものは買ってみると稼ぐきっかけになるはずです。たいていの場合、外国為替保証金取引のトレードではロスが出たときに冷静さを間違いなくキープすることは非常に大切なのです。


何といっても、売買は初心者でも上級者でも、順張りの損小利大がFX の基本ですね。


-今日のFX用語-
デッドクロス
「デッドクロス」とは、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下に抜けることをいいます。為替レートが下向きに転じたサインと捉えられます





2012/09/04 08:38 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

取引きコストを確認しよう

ポンド円やニュージーランドドル円は推移が荒いのが通例ですので、レバレッジは2倍程度が賢明でしょう。スワップ金利で儲けるのなら、わりと経済が安定した高金利カレンシーであるNZドルや豪ドルを買うのがよいはずです。


FX 取引で儲けをあげるには、流れを見極めることなのです。それには、移動平均線を使用するのがピッタリでしょう。取引きツールの活用の簡単さや、サーバーの注文処理能力はFX 会社ごとに特色がありますし、トレード環境は重要になります。ファンダメンダルズはそもそもその国の未来の経済力を予測し、通貨の価値を見込むものですから、貿易収支や経常収支などの経済指標を確認しましょう。


-今日のFX用語-
投機筋
「投機筋」とは、為替レートの短期の変動で売買益を出して利ざやを稼ぐ投資家のことをいいます





2012/09/03 08:40 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

FX のトレード

レバレッジを調整することで、 リスクやリターンのレベルを調節することがFXでは重要な対応策です。ドル円はたいていはわりにボラティリティーが緩やかなので、レバレッジは3倍から4倍程度でいいと思います。


いずれにせよ、よく知らない国のカレンシーや、情報量がすごく少ないカレンシーに投資するのはギャンブルと同じでリスクが大きいです。、早めの損切りも基本的に大事ですが、レート激変のリスクヘッジには、両建ては効果的な手段です。


-今日のFX用語-
資本収支
「資本収支」とは、海外との間の直接投資や証券投資の収支差のことをいいます。国際収支を構成する項目でもあります。





2012/09/01 12:49 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。