スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

FXのデメリット

ロング(買い)から入る策略か、それともショート(売り)から入る作戦かは、その時々の為替の状況によって判断すると解決できます。ちなみに、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスの水準も切り上げていけば、万一のリスクに対しても安堵できるのではないでしょうか。


FX 会社を選択するときにチェックしてもらいたいのが、やはり実際に取り引きしている人の評判ではないでしょうか。そもそも、取り引きは初心者でも上級者でも、順張りの損小利大がFX の基本ですね。


もし暴落してロスになったら、ポジションは早めに損切りを行うのがいいと思います。取り戻すかもしれないという変な安心は暴落時には持たないように。少ない元本でも本番の取引きによるトレーニングや作戦は大切ですので、確認しておきましょう。


因みに、失っても日常生活に支障をきたさない資金でFXには投資しないと心配でしょう。少しのロスでパニックにならないことなのでしょう。経済指標が市場予測に比べて想定外だった場合は相場の動きの予測は難しいということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで着実に当てることは困難なということなのです。


-今日のFX用語-
ヘッジファンド
「ヘッジファンド」とは、為替差損などのリスクを回避するために逆サイドの取引を行い、相場の上げ下げにかかわらず利益を出そうとするファンドのことをいいます。





スポンサーサイト

2012/08/31 14:23 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。