スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

取引きコストを確認しよう

ポンド円やニュージーランドドル円は推移が荒いのが通例ですので、レバレッジは2倍程度が賢明でしょう。スワップ金利で儲けるのなら、わりと経済が安定した高金利カレンシーであるNZドルや豪ドルを買うのがよいはずです。


FX 取引で儲けをあげるには、流れを見極めることなのです。それには、移動平均線を使用するのがピッタリでしょう。取引きツールの活用の簡単さや、サーバーの注文処理能力はFX 会社ごとに特色がありますし、トレード環境は重要になります。ファンダメンダルズはそもそもその国の未来の経済力を予測し、通貨の価値を見込むものですから、貿易収支や経常収支などの経済指標を確認しましょう。


-今日のFX用語-
投機筋
「投機筋」とは、為替レートの短期の変動で売買益を出して利ざやを稼ぐ投資家のことをいいます





スポンサーサイト

2012/09/03 08:40 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。