スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

FXのかなめとは・・・

いずれにせよ、とばくをせず傾向に乗って、買い時、売り時のチャンスをとらえれば、リターンは付いてくるものです。 FX では税金対策も一考しましょう。公設市場の取引所で行われる「くりっく365」なら、税率は一律20%なので有益ですね。


リスク要素の管理をそんなにしないでポジションを持ってしまうと、市場のボラティリティーに振り回されてマイナスを拡大させてしまいますので、配慮ですね。それと、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスのラインも切り上げていけば、万一のリスクに対しても安心できるのではないでしょうか。


ドル円はたいていの場合わりとボラティリティーが緩やかなので、レバレッジは3倍から4倍程度でいいでしょう。まずは、投資を行うスパンがどれくらいかを入念に吟味し、自分にあった売買方法を見つけるのです。


-今日のFX用語-
S&P500
「S&P500」とは、米スタンダード・アンド・プアーズ社が、各証券取引所に上場している代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数のことをいいます。





スポンサーサイト

2012/09/18 10:13 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。