スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

取り引き約束事の検証

ロング(買い)から入る戦略か、それともショート(売り)から入る策略かは、その時々の市場の状況によって判断すると対処できます。すごく意思が強い方でない限り、感情に流されたトレードをすることになります。だから、イフダン(IFD)オーダーでエントリー・利確・損切りのレベルを前から設定しておきましょう。


投資する通貨の値動きや金利、そしてその国の経済的性格の点検は忘れずに。市場のボラティリティーが大きいときも小さいときも、できればプロフィットを得られるような方策を立てます。


それにしても、通貨の流動性が低めだと為替レートが本当に乱高下しやすいものですから、その点は見直ししましょう。話は変わりますが、業者選定の見直しポイントは、スプレッドの出費が最低限ということなのです。


中期投資のつぼは、細かいボラティリティにとらわれずに、ある程度のスパンは余裕をもって状況を見守るくらいの気持ちが稼ぐコツなのでしょう。


-今日のFX用語-
外国為替及び外国貿易法(外為法)
「外国為替及び外国貿易法(外為法)」とは、対外取引や外貨建取引に適用される基本法です。1949年に施行されました。数度の改正後、外為業務に関する規制が全廃され、FXが普及するきっかけとなりました。






Pepperstone | Metatrader 4 Forex Broker

スポンサーサイト

2012/10/30 07:16 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。